ルイ・ヴィトン買取

ルイ・ヴィトン買取

ルイ・ヴィトン買取ならカイウルへ!

ルイ・ヴィトンを売るなら、ブランド品高価買取の「カイウル」へお任せください。

世界的に有名かつ人気の高いルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)。 モノグラム・ダミエ・アズール・タイガ・エピ・ヴェルニといった代表的なラインだけでも数多く、年々限定で出されるコレクションものなど商品は複雑多岐に渡ります。

ブランド買取のKAIULはどこよりも高い金額で、ルイ・ヴィトン買取に挑戦します!

\ 楽チン・簡単・早い! /
無料!LINEで簡単査定
すぐにLINEで査定ができます!
\ 簡単!最短30秒 /
無料!買取査定フォーム
査定結果以外のご連絡は致しません!

訳アリ品も買取OK 2点以上で買取額UP どこよりも早く、どこよりも⾼く買取ます!

スマホからお申込みはコチラ

カンタン・らくちん無料LINE査定

※スピード査定時間 11:00〜18:00 18時以降は翌営業⽇の対応となります

PCからお申込みはコチラ

無料写真査定

あなたにぴったり!その他の買取⽅法

専⾨スタッフがすぐにお答えします!

質問やご相談もお気軽に
お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちらをタップ 0120-007-555 受付時間11:00~19:30

KAIUL -カイウル-選ばれる理由

  • 査定料は一切不要!
    0円です!

    カイウルでは商品の査定に一切の費用をいただいておりません。査定結果に満足いかなければ途中でキャンセルしていただくことも勿論OKです!カイウルはお客様が安心してお気軽にご利用できるよう常にサービス向上を心掛けています。皆さまの査定依頼をお待ちしております!

  • 市場価格を常にチェック!
    満足の買取価格をご提示します!

    カイウルはどこにも負けない、どこよりも高い買取価格を提示し続けています。お客様が後悔されない高額買取を行っておりますので、処分に困っているブランド品がございましたら是非お気軽にご相談くださいませ。

  • 多様な販売ルートで幅広い商品に対応!
    実績・経験豊富な査定士
    自信をもって査定!

    カイウルでは経験豊富な査定士が多数在籍し、希少性が高いブランド品でも正しい価値で査定いたします。他所で査定したが納得されていない方は是非一度カイウルで査定をしてみてください。

買取特徴と買取の流れ

  • 無料査定

    買取費用などは一切無料!
    お気軽にご相談ください。
    どんなものでも無料で査定致します!

  • スピード査定

    当日中に査定結果をお知らせ!
    店頭ならその場で、オンラインでもすぐに結果をお知らせ致します。

  • 即日入金可

    高額買取であっても即日入金でお支払い可能!
    14時までならご依頼当日にお振込み致します。

最短当日買取

高額買取のコツ

  • しっかり保存

    ブランド品高額買取のコツ1

    購入時の付属品をしっかり保存しましょう。

    その他、箱・付属品・ギャランティーカード・レシートも保存しておきましょう!

  • お手入れしてから

    ブランド品高額買取のコツ

    お手入れは忘れずにしましょう。

    汚れやほこりを拭くだけでも、査定時の印象が変わります!

  • すぐにお売りください

    ブランド品高額買取のコツ3

    「もう使わない…」と思ったらすぐお売りください。

    時間がたつと様々な要因で、買取価格に影響があります。早く売れば相場も把握しやすいです!

買取額UPのコツ

まとめて査定で買取額UP!

他に売れるものがあれば、まとめて売却しましょう!

一点だけではちょっと安いかなと思ったら、数点セットでまとめて査定させて頂けると、より高く買取額をアップさせて頂くことができます!

まとめて査定でブランド買取額UP!

カイウルで買い替えて買取額UP!

カイウルで販売しているブランド商品に買い替えしましょう!

使わなくなったバッグ、財布や時計、小物などを、新しいものに買い替えできる便利システム!通常よりも査定額がUPします!

カイウルで買い替えてブランド買取額UP!

簡単!最短30秒! ルイ・ヴィトン買取査定

 
少しでも高く売りたい方へ!
\ 驚きの高額買取 /
査定結果以外のご連絡は致しません!
大阪 Mさん
思ったよりも高値で査定してもらえたので嬉しかったです。査定はバッグの写真を撮って申し込みフォームに添付するだけと、とても簡単でした。送付するための伝票付きの梱包材もすぐに送ってもらえたので、コンビニからの発送もスムーズに行うことができました。代金の振込もとても早かったです。

買取強化アイテム

  • ルイ・ヴィトン バッグ
  • ルイ・ヴィトン 財布・小物
  • ルイ・ヴィトン 時計
  • ルイ・ヴィトン アクセサリー

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)とは

ルイヴィトンは1854年に旅行用カバンの専門店として創設されたブランドです。

ルイヴィトンの軽量かつ防水のトランクは瞬く間に評判となったものの、その人気が故に模倣品(コピー商品)が出回ることに。

コピー対策として考えられたデザインが1888年に誕生した「ダミエライン」そして1896年に誕生した「モノグラムライン」で、どちらも現在では定番としてラインナップされているラインです。

ルイヴィトンは、現在バッグだけでなく財布・小物・腕時計など多種多様な商品を販売し、世界各国、日本国内においても圧倒的な知名度と人気を誇るブランドとなっております。

ルイヴィトンのアイテムは高価な物も多いため、お手頃価格で購入できる中古商品の需要も高く、リセールバリューの良い商品が多数ございます。ルイヴィトンの買取をご希望の方は、他社様にて査定を行った後にカイウルへご来店ください。

他社様より高い価格でルイヴィトンの買取を行えるよう頑張らせていただきます!

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグで高価買取が期待できる人気アイテム

ルイヴィトンのメインアイテムといえばやはりバッグです。

ここでは、ルイヴィトンのバッグの中でも中古需要の高いモデルを3種類ピックアップしてご紹介いたします。

紹介したモデル以外のルイヴィトンのバッグであっても、他社様に負けない価格で買取できるように頑張りますので、ご売却の際は是非カイウルまでご相談ください!

高価買取が期待できるルイヴィトンのバッグその1「ネヴァーフル」

ネヴァーフルは2007年に登場したトートバッグで、「Never full=いっぱいになることはありません」の名の通り、高い収納力が特徴です。

ネヴァーフルは逆台形で入り口が広く物を出し入れしやすく、バッグ上部の両サイドにつけられたストラップを絞るとバッグのフォルムが変わり、いつもと違う気分を味わうこともできます。

ネヴァーフル登場時はモノグラムラインでしたが、その後はダミエやエピといった定番ラインの物もラインナップ。草間彌生コラボのモノグラムウェーブや2016年に登場したモノグラム サマージャングルドットなど、限定デザインのアイテムも。中古市場で探せば様々なデザインのネヴァーフルが見つかります!

ネヴァーフルのサイズラインナップは以下の通り。

PM 幅29cm × 高さ22cm × マチ13cm
MM 幅32cm × 高さ29cm × マチ19cm
GM 幅40cm × 高さ33cm × マチ20cm

ネヴァーフルの中で最も需要の高いサイズはネヴァーフルMMですが、その他のサイズであっても高価買取が期待できますので、ご売却の際は是非カイウルへご相談ください。

高価買取が期待できるルイヴィトンのバッグその2「スピーディ」

スピーディは1930年に登場したルイヴィトンのボストンバッグで、誕生から約90年経った現在も定番バッグとしてラインナップされています。

スピーディは本格的な旅行用ボストンバッグの「キーポル」を元にして作られたボストンバッグで、日常使いを目的とした実用性の高いサイズ感とデザイン性の高さが特徴。

スピーディにはモノグラムをはじめ、ダミエ、エピなどのデザインバリエーションがございますが、近年はエピのカスティリアンレッドのようなビビットなカラーも人気を集めています。

スピーディのサイズラインナップは以下の通り。

ナノ・スピーディ 幅16cm × 高さ11cm × マチ9cm
スピーディ25 幅25cm × 高さ19cm × マチ15cm
スピーディ30 幅30cm × 高さ21cm × マチ17cm
スピーディ35 幅35cm × 高さ23cm × マチ18cm
スピーディ40 幅40cm × 高さ25cm × マチ19cm

スピーディの中で最も需要の高いアイテムはスピーディ30。中古需要も高く、高価買取が期待できるアイテムですので、ご売却の際は是非カイウルまでご相談ください。

高価買取が期待できるルイヴィトンのバッグその3「モンテーニュ」

モンテーニュは2014年に登場した台形型のハンドバッグで、カッチリとした形と日常使いにピッタリの機能性で人気のバッグです。

モンテーニュの内部はファスナーポケットで中央が仕切られた三層構造になっており、スマートフォンなどをしまうのにちょうどいいオープンポケットが3つ。付属のストラップを使うことで、ハンドバッグ・ショルダーバッグ・クロスボディバッグと3way使用できる利便性の高さが人気です。

モンテーニュには通常のモノグラム柄もありますが、最も人気なのはカーフレザーにモノグラム模様を型押ししたモノグラムアンプラント。ピンク系・レッド系・ベージュ系のカラーなどが定番です。

モンテーニュのサイズラインナップは以下の通り。

モンテーニュBB 幅29cm × 高さ20cm × マチ13cm
モンテーニュMM 幅33cm × 高さ23cm × マチ15cm
モンテーニュGM 幅39cm × 高さ28cm × マチ18cm

モンテーニュのサイズラインナップの中で最も人気なのは、モンテーニュBBです。
小ぶりですが収納力は十分で日常使いしやすく、モンテーニュのフォルムを引き立たせるサイズ感で人気となっております。
モンテーニュBBをはじめ、どちらも中古需要の高いアイテムとなっておりますので、高価買取させていただきます!

カイウルがルイヴィトン(LOUIS VUITTON)を高額買取をできる理由

カイウルがルイヴィトンを高価買取できる理由をご説明いたします。

ルイヴィトンは知名度が高く中古市場でも大人気

日本国内において、ルイヴィトンは最も知名度が高いブランドといっても過言ではありません。

女性のみならず、男性であってもルイヴィトンのバッグや財布を使用している方は多く、過去何十年にわたり安定的な人気を誇っております。

カイウルはブランド品を買取し、販売することで利益をだしていますので、中古市場で人気のあるルイヴィトンは、カイウルにとって主力ブランドであり、確実に売れるブランドだからこそ在庫を確保する必要があります。

ルイヴィトンの中でも人気アイテムやトレンドアイテムであれば、仕入れ後すぐに売れてしまうことも多く、在庫不足状態です。

中古需要が高い=利益が確実に出せる商品となりますので、そのぶんルイヴィトン買取金額に還元することができます。

カイウルはルイヴィトンの買取価格に自信がありますので、ルイヴィトン売却の際は、他社様にて査定を行った後にカイウルへ足を運んでいただければと思います。

カイウルは、ルイヴィトンなどブランド品販売が好調

カイウルは「東京歌舞伎町店」「大阪心斎橋店」「京都四条烏丸店」「京都四条河原町店」「兵庫神戸三宮店」といったブランド品販売激戦区に実店舗を構え、日本人のお客様だけでなく外国人観光客のお客様にもご愛顧いただいております。(免税店登録しております)

また、楽天市場・yahooショッピング・DeNAショッピング(現wowma!)などにもネット店舗を展開し、ブランド品販売が好調となっており、そのぶん在庫確保に苦労している状況です。

そのため、ルイヴィトンのような中古需要の高い第一線ブランドについては、他社様より高い買取金額であっても買取させていただきたい状況となっております!

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)高額買取のコツ

ルイヴィトンの主力商品はバッグや財布といったレザーアイテムですが、いくら丈夫なルイヴィトンのレザー素材とはいえ、メンテナンスや保管方法次第で経年劣化の度合いが大きく変わってきます。

ここではルイヴィトンの高価買取を目指すために日頃から心がけておきたいポイントをご紹介いたします。

・ルイヴィトンのリセールバリューを最大限に高めたい
・ルイヴィトン買取査定前に行っておくべき事

ここで紹介することを実践し、ルイヴィトン高価買取を目指してくださいね!

ルイヴィトンの日常的なメンテナンス方法と保管方法

ルイヴィトンのみならず、レザー製品の保管において最大の敵は「湿気」と「直射日光」です。

湿気はレザー製品の「ベタつき」金具部分の「錆・変色」につながり、直射日光は「変色」につながります。

レザー製品の品質を保つために様々なケア用品もでていますが、簡単なメンテナンス・保管方法として以下の点をお試しください。

・バッグを保管する際は乾燥剤を入れておく
・不織布など風通しの良いカバーをかけホコリの付着を防ぐ
・直射日光が当たらない風通しの良い場所で保管する
・使用後は柔らかい布で拭いたり、馬毛ブラシでブラッシングする

これらのメンテナンス・保管方法はレザー製品を保管する際に費用的にも労力的にも低コストで行える方法です。

正しい保管方法を行った場合と、湿度が高い場所・直射日光に当たる場所で保管していた場合で比べると、経年劣化が大きく異なってきますので、大事なルイヴィトンのアイテムを長く使いたい・売却を考えている場合は是非お試しください!

ルイヴィトン買取査定前の清掃で買取価格アップ

ルイヴィトンのアイテムを買取査定に持ち込む前はできる限り清掃を行いましょう。

表面の汚れは布で拭き取り、バッグ内部のホコリなどは掃除機で吸い取るなどして、見栄えを良くしておきましょう。

もちろん、買取側も査定の際に落ちる汚れなのかを判断しますが、もともと綺麗である方が印象アップする可能性が高いので、無理をしない範囲で清掃を行ってくださいね。

傷あり、訳あり、不動品のルイヴィトンでも買取が可能な理由

ルイヴィトンのアイテムは、その知名度とステータス性から中古市場でも大人気となっております。価格的にも新品であれば数十万円と高額になるので、コスパの良い中古アイテムをお求めのお客様が多く、状態に関わらず買取価格が付くことが多いブランドです。

お手持ちのルイヴィトンのバッグの傷が目立つ場合でも、中古市場で需要が無いということはあまりありません。状態が悪ければ買取価格も下がってしまいますが、販売の際も低価格で販売することが出来ますので、リーズナブルにルイヴィトンを購入したいお客様の需要に合致します。

そのため、どんな状態であってもルイヴィトンのアイテムは買取価格が付くことが多く、新しく綺麗なアイテムの場合は高価買取が確実なブランドとなっております。

タンブールなどの腕時計も中古需要は高いので、不動品であっても、是非一度カイウルにご相談ください。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)買取ご利用のお客様の声

カイウルの取り扱いブランドの中でも、ルイヴィトンは主力ブランドの一つであり、他社様に負けない価格にて買取させていただいております!

ルイヴィトン買取希望のお客様の一番のご希望は「どこよりも高い買取金額」と考えておりますので、他社様にて査定後にお持ち込みいただいた場合でもご満足いただける買取価格にて買い取れるよう、無駄なコストを削減して買取価格に還元できるように努力しております。

ここでは、カイウルにてルイヴィトンのアイテムをご売却いただいたお客様の買取口コミをご紹介いたしますので、売却ご検討中の参考にしていただけると幸いです。

ルイヴィトン カプシーヌ BB ノワールの買取口コミ

埼玉県さいたま市 E様
1~2年に一回のペースで美品・未使用品を選びブランドバッグを買い換えていて、カプシーヌはかなり重宝したバッグでしたが、もうワンランク上のブランドバッグが欲しくなっての売却でした。
次に狙っているのがケリーなので、購入資金の足しに・・・と思って持ち込みましたが、カプシーヌは高かったこともあり、かなりいい査定額を付けてもらったと思います。
買取店は4店舗回って、宅配2店舗目がカイウルさんでしたが、一番安かったお店と比べると+6万円、一番高かったお店と比べると+1万円でした。
よく見るお店の方が安く、あまり見ないお店の方が高かった印象です。
ケリー購入金額には届きませんが、もう少しお金を貯めてケリーを購入しようと思っています。
査定員コメント
E様、この度はルイヴィトン カプシーヌ BB ノワールを買取させていただき、誠にありがとうございます。
ルイヴィトン カプシーヌ BB ノワールはどんなシーンにも合うバッグとして大人気のアイテム、カッチリした形だからこそ美品を求めるお客様が多いアイテムでもあります。
E様より買取させていただいたカプシーヌ BB ノワールは非常に綺麗に使われており、角スレや傷なども一切無く、最高ランクにて査定金額をつけさせていただきました。
ノワールということもあり、幅広い方の需要が見込めるアイテムですので、カイウルとしても買取させていただくことができ、非常に嬉しく思っております。
1~2年ごとに買い換えをされているとのことなので、次回の売却の際にもカイウルにもご相談いただければと思います。
他社様に負けない価格にて買取させていただきます!
この度はカイウルのご利用誠にありがとうございました。

ルイヴィトン アルマBB ヴェルニ スリーズの買取口コミ

愛知県名古屋市 B様
とにかく派手なモノグラムが欲しい!と思って買ったのがヴェルニのアルマBBでした。
1年ぐらい使ったのですが、派手なぶん飽きがきてしまって・・・。
買った時の相場はピンキリで、長く使うつもりだったので、未使用に近い高いものを買っていて、どうせ買い換えるなら状態のいいうちに売ったほうがいい!と思って、3つのお店に宅配査定にだしました。
その中で一番高い買取金額をつけてくれたのがカイウルさんだったので、売却を決意。
次はエピのアルマかカプシーヌを買うつもりなので、何かちょうどいいのがあったら教えて欲しいです!
査定員コメント
B様、この度はルイヴィトン アルマBB ヴェルニ スリーズを買取させていただき、誠にありがとうございます。
今回のアルマBB、美品を購入して1年ということで非常に綺麗な状態だったので、今回の買取金額となりました。
ヴェルニは素材の特性上、色移りなどが多い印象ですが、B様のアルマBBに関しては色移りや角スレなども一切無く、査定評価の高いお品物でした。
他社様と比べ、査定金額が高くご満足いただけたとのことで、カイウルとしても嬉しい限りでございます。
カイウルではルイヴィトンのアイテムの販売も行っておりますので、ご購入の際にもご利用いただければと思います。
この度はカイウルのご利用誠にありがとうございました。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のライン一覧

ルイ・ヴィトンのライン一覧をご紹介いたします。

モノグラム系

モノグラム系のラインは、主にルイ・ヴィトンの代表的なパターンである「モノグラム・キャンバス」を使用したラインです。

王道の落ち着きのあるデザインから、冒険心溢れるポップでカラフルなデザインのものまで様々なラインが存在します。

モノグラム

「モノグラム」は、ルイ・ヴィトンのアイコンといえる王道のラインです。

ルイ・ヴィトンのイニシャルの「L」と「V」をかけ合わせたブランドマークに、花の模様と星の模様のパターンがデザインされています。

モノグラムのパターンは日本の家紋をモチーフにしたことでも有名で、元は模倣品を作られないための複雑なデザインパターンとして生み出されたというエピソードがあります。

登場以降、今日に至るまで、ヴィトンの顔として存在しているラインです。

リバース

「リバース」は、モノグラムのカラーリングを反転させ、下地にベージュカラーを、モノグラムパターンにダークブラウンを用いたラインです。

リバースとモノグラムの違いはカラーの反転のみで、デザインのベースはモノグラムと同一ですが、通常のモノグラムよりどこか柔らかい印象を受けます。

モノグラムとモノグラムリバースの、2つのデザインを組み合わせたアイテムも多数存在しています。

マルチカラー

「マルチカラー」は、2003年に日本人デザイナーの村上隆とマーク・ジェイコブスのコラボレーションによってデザインされたラインです。

マルチカラーは33色ものカラーを使ってヴィトンのモノグラムパターンを描いており、これまで落ち着いた雰囲気だったヴィトンのイメージを一変させるラインとなりました。

生地の色は「ブロン(白)」と「ノワール(黒)」の2色があり、どちらも甲乙つけがたい魅力があります。

マルチカラーのブロンはよりポップさが強調されたイメージに、ノワールは遊び心がありながらも少し落ち着いたイメージです。

イディール

「イディール」は、フランス語で「理想の恋」を意味する、ロマン溢れるラインです。

イディールは2000年に登場した「モノグラム・ミニ」、2006年に登場した「モノグラム・ミニ・ラン」の流れを組むラインとなっており、通常のモノグラムより小さくデザインされたモノグラムパターンが可愛らしく、女性に人気のラインとなっています。

スイート

「スイート」は2014年のバレンタインコレクションとして発表され、エナメル素材にカラフルで大胆なデザインを施した、非常にユニークなコンセプトのラインでした。

スイートはモノグラムパターンの中でも特に花柄のデザインを強調し、ポップな雰囲気のデザインをしていて、ある意味全くヴィトンらしくない雰囲気なのが特徴です。

その愛らしく華やかな魅力で、世界中の女性たちを虜にしました。

マカサー

「マカサー」は、モノグラム・キャンバスのキャメル色のヌメ革部分に、ブラックレザーを採用したメンズ向けのラインです。

ブラックレザーとモノグラム・キャンバスのダークブラウンの組み合わせが、どこかアンティークな雰囲気を感じさせる大人のモデルと言えます。

アンプラント

「アンプラント」は2010年に誕生し、18色のもカラーバリエーションと、上質なレザーのエレガントな魅力で大変人気となったラインです。

アンプラントとはフランス語で「刻印」を意味する言葉で、カーフレザーにモノグラムパターンを型押しして、シンプルながらも上品な雰囲気を演出しています。

エナメルでないヴェルニといった印象で、落ち着いた風合いが特に大人の女性に支持されています。

エキゾチック

「エキゾチック」は、その名の通り希少なエキゾチックレザーを使用したラインで、ルイ・ヴィトンのラインの中でも特に高価格な位置づけのラインです。

モノグラム・キャンバスとエキゾチックレザーの組み合わせは非常にユニークで、ハイクラスモデルに相応しいオリジナリティを放っています。

エキゾチックに用いられるレザーはクロコダイル(ワニ革)、リザード(トカゲ革)だけでなく、パイソン(ヘビ革)、オーストリッチ(ダチョウ革)などもあり、そのどれもがラグジュアリーで独創的なアイテムとなっています。

マヒナ

「マヒナ」は2007年に登場した、ソフトレザーにモノグラムパターンをパンチングで描いた、柔らかい印象が特徴のラインです。

手触りも滑らかで、優しい雰囲気のアイテムは美しくフェミニンな印象を受けます。

マヒナには26色のカラーバリエーションがありますが、そのどれもが派手を抑えた柔らかいカラーリングで、上品さを感じさせるラインとなっています。

アンテイア

「アンテイア」は2010年に発表されたモデルで、最高級の素材と特別な技術で作られた、ルイ・ヴィトンの中でもハイクラスなラインです。

アンティアは素材に希少なラムスキンを使用し、モノグラムパターンも刺繍によってデザインするという、全てにおいてこだわり抜いたデザインのラインとなっています。

レザーにモノグラムを刺繍する技術はヴィトン独自のものであり、非常に難易度の高い特殊な技法を用いて製作されています。

エクリプス

「エクリプス」は、グレーとブラックで構成された、クールな色合いが魅力のラインです。

エクリプスはそのカラーとモダンな雰囲気から、大人の男性に特に人気があります。

これまでどこか女性向けに感じられていたモノグラムパターンを、見事に男性向けにアレンジした革新的なラインです。

エクリプスにはスパンコールでモノグラムを型どったタイプのモデルもあり、こちらは個性的でゴージャスな雰囲気を醸し出しています。

エクリプスフラッシュ

「エクリプスフラッシュ」は、デザイナーの藤原ヒロシ氏とマーク・ジェイコブスがコラボレーションした限定商品で、エクリプスのグレーとブラックのモノグラムパターンに、光を反射する素材を使用したユニークなデザインのラインです。

エクリプスフラッシュは、ブラックのバンドとシルバーのストライプが目を引く印象的なデザインをしているので、人とは違うアイテムを持ちたい男性に、特におすすめのラインとなっています。

アイラブモノグラム

「アイラブモノグラム」は、2003年に発表された、村上隆とマーク・ジェイコブスのコラボレーションモデルです。

アイラブモノグラムは、後に人気となる「モノグラム マルチカラー」や「モノグラム パンダ」などのラインの先駆けで、最大の特徴は何と言っても色とりどりのモノグラムパターンにあります。

アイラブモノグラムとマルチカラーとの違いは、たくさんの「目」のモチーフが使われていることで、アイラブモノグラムの「アイ」は「I」ではなく「EYE」となっています。

ウォーターカラー

「ウォーターカラー」は、2008年に発表されたモデルで、モノグラムパターンを水彩画のように描いたのが特徴のラインです。

ウォーターカラーの水彩画らしい滲みを演出したデザインは、美しく柔らかい雰囲気で、ルイ・ヴィトンの中でも癒し系のラインと言えるでしょう。

オナタ

「オナタ」は2006年に発表されたラインで、ルイ・ヴィトンでは初となるスエードを用いたラインとなっています。

オナタは「マイス(イエロー)」、「アラゴスタ(オレンジ)」、「カカオ(ダークブラウン)」という三色のカラー展開に、マヒナと同様のパンチングされたモノグラムパターンが印象的です。

カバアンプル

「カバアンプル」は、2004年に発表されたラインです。

カバアンプルの最大の特徴はビニール素材を使用していることで、透明感のある涼しげなラインとなっています。

そのままビーチに行ってしまえそうなカジュアルなデザインですが、淵や持ち手の部分にはヌメ革が使用されているので、濡れてしまわないように注意が必要です。

グラセ

「グラセ」は、2000年に登場した主にメンズ向けのバッグのラインです。

ガラス加工されたカーフレザーの控えめな光沢感と、型押しされたモノグラムパターンがシンプルながら上品な雰囲気を醸し出しています。

グラセは現在廃盤となっていますが、今でも男性を中心に根強い人気があります。

グラフィティ

「グラフィティ」は、モノグラム・キャンバスにストリートアートのような派手な英字をプリントした、インパクト抜群のラインです。

モノグラム・キャンバスに落書きをするという斬新なデザインは、多くのルイ・ヴィトンファンたちの度肝を抜きました。

グラフィティは非常に派手さがあり、型破りで個性的な魅力がありますが、反面、フォーマルなシーンではやや使いづらいという特徴もあります。

グルーム

「グルーム」は、モノグラム・キャンバスにグルーム(ベルボーイ)のキャラクターがプリントされた、ルイ・ヴィトンでも非常に珍しいユーモア溢れるラインです。

グルームに描かれているのは、1921年にルイ・ヴィトンの広告に使用されていたキャラクターで、どこかレトロな雰囲気を漂わせていてとてもキュートですね。

カラーもレッド、ブルー、イエロー、オレンジ、グリーンの5色が展開されていて、遊び心が感じられるラインとなっています。

サテン

「サテン」は、2000年に発表されたラインで、その名の通りサテン生地にモノグラムパターンをデザインしたエレガントなラインです。

サテンはその独特のメタリック感と、サテン地独特の上質な光沢感が人気のラインでしたが、現在は廃盤となってしまっています。

デイリーユースはし辛いですが、パーティーシーンなどでは大活躍で、一目置かれること間違いなしのモデルとなっています。

チェリー

「チェリー」は2004年に誕生した、モノグラム・キャンバスにさくらんぼを描いたとても愛らしいラインです。

チェリーは アイラブモノグラム や、 モノグラムマルチカラー を手がけたことで有名な、日本人デザイナーの村上隆氏とマーク・ジェイコブスとのコラボデザインとなっています。

さくらんぼのデザインには可愛らしい顔が描かれており、型破りなデザインながらも非常にキュートで根強い人気のあるラインです。

村上隆氏との契約が終了しているため、現在では廃盤となっています。

チェリーブロッサム

「チェリーブロッサム」は、2003年に村上隆とマーク・ジェイコブスとのコラボレーションモデルです。

2003年はチェリーブロッサムだけでなく、マルチカラーやモノグラム・パンダなども発表され、ルイ・ヴィトンの大ヒットラインが豊作となった年でした。

チェリーブロッサムのデザインは、モノグラム・キャンバスに美しい桜の絵がプリントされたものですが、アイラブモノグラムやチェリー同様、この桜にも可愛らしい笑顏がプリントされています。

チェリーブロッサムのカラーは、お馴染みのダークブラウンのモノグラム・キャンバスにピンクの桜をプリントした「マロン」だけでなく、ピンクの生地を使用した「ローズ」、ホワイト系の生地に鮮やかな濃いピンクの桜を描いた「シェール」の3パターンが存在し、どれもが女性の心をくすぐる可愛らしいデザインとなっています。

デニム

「デニム」は、ジャガート織りのデニム地にモノグラムパターンをデザインした、カジュアルで耐久性に優れたラインです。

デニム独特のウォッシュ加工と、あえてブリーチを入れることにより、まるでヴィンテージジーンズのような独特の風合いの魅力を出しています。

デニム素材なので丈夫な作りで、ハイブランドでありながら気軽に使用できることから、廃盤となった今でも高い支持を得ているラインです。

ダミエ系

ダミエは、日本の市松模様からヒントを得て作られたという、日本にも縁の深いデザインのラインです。

ダミエの歴史は実はモノグラムより古く、1888年には誕生しており、1896年にモノグラムが誕生するまでは、ヴィトンのメインとなるラインでした。

シンプルで癖のないデザインで、性別やシーンを問わず使いやすいのが特徴となっています。

ダミエ(エベヌ)

「ダミエ(エベヌ)」は、ヴィトンの定番であるダークブラウンとベージュを組み合わせた市松模様のモデルで、モノグラムと並び誰もが知っているヴィトンの王道ラインです。

ダミエの柄はシンプルで美しい反面、模造品も非常に多く出回り、その対策として打ち出したモノグラムが主流となってからは、一度廃盤になったという歴史があります。

1996年にマーク・ジェイコブスがルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任した際、定番ラインとして復活させました。

ダミエとはこの市松模様のパターン自体の名前であり、一般的にダミエと呼ばれているモノグラムと同じ配色のモデルは、「エベヌ」というライン名が付いています。

アズール

「アズール」は、ダミエの復刻から10年後である2006年に誕生した、淡いブルーとクリーム色のダミエ柄が美しいラインです。

アズールとはフランス語で「紺碧」という意味があり、イタリアの高級リゾート地であるリビエラの、美しい海と砂浜をイメージしてデザインされています。

アズールの淡いカラーでユニセックスな雰囲気は、非常に爽やかな印象で、男女どちらからも人気が高いラインとなっています。

グラフィット

「グラフィット」は、黒とグレーの組み合わせが大変シックなラインです。

グラフィットという名前は、鉱物のグラファイトより命名されていて、グラファイトのようなモダンな色合いが男性を中心に人気のラインとなっています。

ルイ・ヴィトンのメンズモデルとしてナンバーワンの呼び声も高く、エレガントで落ち着きのあるデザインはどんなシーンにもマッチする万能型のアイテムです。

アンフィニ

「アンフィニ」は2011年に登場した、ソフトレザーにエンボス加工を施したラインです。

アンフィニはこれまでのダミエラインと違い、2色のカラーで市松模様を表現するのではなく、エンボス加工の凹凸によってダミエの市松模様を表現しています。

上質なトリヨン・レザーの質感とエンボスのダミエデザインによって、エレガントで都会的な雰囲気のあるラインに仕上がっています。

アンフィニは上品な雰囲気ながら、単色でかっこよさもあり、男性人気の高いラインです。

カラー

「カラー」は、2014年に登場した、ダミエラインの中でもポップな色合いが特徴のラインです。

カーマイン(赤紫)、ピモン(ピンク)、ミモザ(黄色)、ピスタッシュ(黄土色)、シアン(青)、ケッチュ(紫)、グレ(灰色)と、これまで落ち着いた雰囲気のカラーだったダミエに一気に華やかなカラーをもたらすラインとなりました。

カラーは、これまで大人のイメージだったダミエの雰囲気を崩し、カジュアルにも使用しやすい印象へと変えたラインです。

ポップな色合いから、主に小物類などの差し色アイテムが人気となっています。

コバルト

「コバルト」は、2014年に誕生したダミエの新色で、コバルトブルーとブラックの色合いが美しいラインです。

コバルトはこれまでダミエのメンズラインの第一線だった「グラフィット」に変わるメンズラインとして、男性から絶大な支持を集めています。

洗練されたコバルトブルーは深海のように美しく、ビジネスのシーンでも合わせやすいです。

コバルトとグラフィットは非常に類似したカラーで、並べてみても注視しなければ違いがわからないほどのものとなっています。

エピ系

エピは、当時モノグラムやダミエといった落ち着いたカラーの多かったヴィトンに、ビビットなカラーを持ち込み一躍人気となったモデルです。

現在こそ様々なラインでカラフルなアイテムが展開されていますが、エピはルイ・ヴィトンの中で色鮮やかで華やかなラインの元祖とも言われ、根強い人気があります。

エピ

「エピ」というのはフランス語で「麦の穂」を表しており、ヨーロッパでは風物詩となっている麦の穂が風に揺れる様子を、型押しで生地にデザインしています。

グレイン(型押し)加工によって作られているため、シワなどにも強く、耐久性の高さも密かな長所です。

エピは柄の主張が少なく、モノグラムやダミエではルイ・ヴィトンのイメージが出すぎて敬遠してしまうという人にも、人気のあるラインです。

メタリック

「エピ メタリック」は、ゴールドとシルバーのゴージャスなカラーリングで近未来感のあるラインです。

メタリックの名に恥じないまばゆい光沢を放つアイテムは、他のラインでは類を見ないほどのインパクトにあふれています。

エピ・メタリックで一際有名なのが、ハンドバッグである「ギャラクシア」です。

ギャラクシアは六角形の個性的なフォルムとメタルハンドル、そしてエピの型押された生地にメタリックカラーと、非常に独創的で話題のアイテムとなりました。

エクリプス×エピ

「エクリプス×エピ」は、モノグラムエクリプスとブラックのエピを組み合わせたコンビネーションモデルです。

エクリプスとエピの黒を基調としたカラーリングが非常にシックな雰囲気で、大人の男性に高い人気を誇るラインとなっています。

ヴェルニ系

ヴェルニは、モノグラム、ダミエ、エピと並ぶヴィトンの定番ラインです。

エナメルの美しい光沢に、モノグラムパターンの型押しが特徴のデザインで、ゴージャスで上品な魅力があり、発表以来安定した人気を誇っています。

ヴェルニ

「ヴェルニ」ラインは、エナメルの輝きと鮮やかなカラー展開で特に女性に愛されているラインです。

ヴェルニはカラーバリエーションが豊富で、目の覚めるような赤色のスリーズや、黒と見紛う紫のアマラント、深みのある赤のグリヨットや、鮮やかな水色のテュルコワーズなど、たくさんのカラーを展開しています。

発色が良く光沢のあるカラーは、見る人を引きつけて止まない魅力があります。

ヴェルニは手触りもよく、しっとりと吸い付くような感覚がありながら、ツルッとしたなめらかさも持ち合わせた質感の生地で、思わず手を離すのが惜しくなるような触り心地をしています。

ヴェルニ フルオ

「ヴェルニ フルオ」は、2002年クリスマス限定で登場したモデルです。

マーク・ジェイコブスとアメリカの個性派の演出家ロバート・ウィルソンのコレボレーションによって生まれました。

ヴェルニの生地に蛍光色で大胆にデザインされた「LV」の文字、がインパクト抜群で非常にファッショナブルなラインとなっています。

ルイ・ヴィトンのその他のライン

ルイ・ヴィトンには、人気モデルである「モノグラム」「ダミエ」「エピ」「ヴェルニ」などの他にも、限定モデルから知る人ぞ知るモデルまで、非常に多くのラインが存在しています。

ここではその一部をピックアップしてご紹介いたします。

タイガ

「タイガ」とは、1993年に発表された、ルイ・ヴィトンのメンズ向けのラインです。

タイガは、これまで女性をメインターゲットにしてきたルイ・ヴィトンの初の男性向けモデルとなっており、硬派で上質な雰囲気がありビジネス用ラインとして人気があります。

タイガはカラーバリエーションもターゲットである男性を意識し、チャコールグレーやネイビーなどシックで大人な雰囲気の色味を展開しています。

スタイリッシュながら確かな存在感を放つデザインは、キャリアウーマンの女性にも人気があり、甘さを持たないヴィトン製品として密かな支持を得ているラインです。

Vライン

「Vライン」は2015年に登場し、男性のシティライフに溶け込むようなデザインをコンセプトに作られました。

Vラインのアイテムは身体に馴染むように緻密に計算されて作られており、撥水加工された生地も相まって、非常に実用的なラインと言えます。

Vラインの名詞にもなっている特徴的な「V」のデザインは、青と赤と白で構成され、他にはない独自の個性を表現しています。

シカゴ

「シカゴ」は、時間を掛けて丁寧になめした上質なナッパ・カーフレザーに、パンチングで「LOUIS VUITTON」の名前のみをあしらった、究極にシンプルなデザインのラインです。

シカゴには全くと言っていいほどルイ・ヴィトンらしさがありませんが、素材だけでも伝わる高級感と極上の手触りが魅力のアイテムとなっています。

とにかく最高の品質のレザーにこだわる愛好家に人気があり、控えめながらもラグジュアリーな印象を与える大人向けのラインです。

ヤヨイ・クサマ・コレクション

「ヤヨイ・クサマ・コレクション」は、日本の女性芸術家である草間彌生と、マーク・ジェイコブスのコラボレーションによって誕生しました。

草間彌生氏の代表作である「Infinity Net(無限の網)」と「Dots Infinity(無限の水玉)」をそのままヴィトンのアイテムたちに落とし込んだ、非常に個性あふれるラインです。

圧倒的な存在感と独創的なデザインは他の追随を許さず、ポップでありながら上品な雰囲気を醸し出すラインとなっています。

ルイ・ヴィトン買取一覧

他社以上の感動査定ブランド

買取ブランド一覧